Return to site

五行再考察

琉球キネシオロジーから再考察

人間を形作るもの・・・それは、エネルギー(氣)、養分(血)、潤い(水)となります。

1.五行とは?

地球上の自然現象の四季変化だけでなく、天体も含めた観察をシンプルに抽象化したものです。

四季が元になっているので、「春」「夏」「秋」「冬」の4つのはずですがいきなり季節が変わるのではなく、その互いの中間的な曖昧な境目ともいえる「季節の変わり目」を加えた、自然現象、生活、占い、医療、家族間など様々な分野を説明する5つの概念になります。単に5つの基本要素というだけでなく、変化の中における5種の、状態、運動、過程という捉え方もします。

「春」の季節

生物特に樹木の発芽、成長・発育する時期。

春は朝日が爽やかです。朝日は東から昇ります。

自然界の中で、上へ上へと上り広がる象徴として「木」としました。

「夏」の季節

気温が上昇し、太陽がもっとも大きくなる灼熱の時期。

夏至は最も日が長く、暑い日ざしが続きます。暑い日は南に行くほど多くなります。

自然界の中で、長く高く燃え上がる「火」としました。

「秋」の季節

発芽して育ったものが硬くなり実を結ぶ収穫の時期。

秋は夕日が綺麗です。夕日は西へ沈みます。
自然界の中で実り光り輝く麦、それが黄金色に輝く様子から「金」としました。

「冬」の季節

種子や実は、生まれる準備として眠りに就く休眠の時期。

胎内と霊性を兼ね備える性質も表します。

冬は日が暮れるのが早く日が短くなります。

自然界の中で、下へ下へと落ちる様子から「水」としました。

「季節の変わり目」の季節

春は発育にあり、夏は成長にあり、秋は収めることにあり、冬は貯めるにある・・・

そして、大地は四季によって万物を生じます。

地中の中にある発芽(木)、熱(火)、種子や実(金)、雨や雪(水)がその他の万物を育成・保護する時期。

自然界の中で、四季全ての要素の接点である「土」としました。

一年の活力の根源「土」は、夏の終わり(土用の丑)にあるというのはそういう意味もあるようです。

空間という捉え方で五行を結び付ければ、北は水(絶えず暗い)陰中の陰、南は火(絶えず明るい)陽中の陽、西は金(これから暗くなる)陽中の陰、東は木(これから明るくなる)陰中の陽、中央は土(陰陽入り交じった)ニュートラル、そういう場所や方向に対する五行の割り振りができます。

  1. 太極が陰陽に分離し、陰の中で特に冷たい氣が北に移動して「水」を生じ、
  2. 次いで陽の中で特に熱い氣が南へ移動して火行を生じた。
  3. さらに残った陽氣は東に移動し風となって散って木行を生じ、
  4. 残った陰氣が西に移動して金行を生じた。
  5. そして四方の各行から余った氣が中央に集まって土行が生じた。

相生(そうせい)

順送りに相手を生み出して行く、陽の関係。

 
木生火(もくしょうか)

木は燃えて火を生む。

 
火生土(かしょうど)

物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に還る。

 
土生金(どしょうごん)

鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによってその金属を得ることができる。

 
金生水(ごんしょうすい)

金属の表面には凝結により水が生じる。

 
水生木(すいしょうもく)

木は水によって養われ、水がなければ木は枯れてしまう。

相生から人体に五行を当てはめてみる

相剋(そうこく)

暴走した勢いで相手より強くなり打ち滅ぼしていく、陰の関係。

 
木剋土(もっこくど)

木は根を地中に張って土を締め付け、養分を吸い取って土地を痩せさせる。

 
土剋水(どこくすい)

土は水を濁す。また、土は水を吸い取り、常にあふれようとする水を堤防や土塁等でせき止める。

 
水剋火(すいこくか)

水は火を消し止める。

 
火剋金(かこくごん)

火は金属を熔かす。

 
金剋木(ごんこくもく)

金属製の斧や鋸は木を傷つけ、切り倒す。

比和(ひわ)

同じ氣が重なると、その氣は増え盛んになる。

その結果が良い場合にはますます良く、悪い場合にはますます悪くなる。

相侮(そうぶ)

逆相剋。侮とは侮る、相剋の反対で、弱り過ぎた相手を打ち滅ぼす陰の関係にある。

木侮金(飲みすぎ、徹夜、便秘>肺)

笑うこと

木が強すぎると、金の克制を受け付けず、斧や鋸の刃が欠ける

 
金侮火(無呼吸、運動不足、過呼吸>心)

勢いで飲まない、少しずつ

金が強すぎると、火の克制を受け付けず、焼きが入り刃が硬くなる

 
火侮水(落ち込み、悩み、不安>腎)

ぐっすり寝る

火が強すぎると、水の克制を受け付けず、水を蒸発させる

 
水侮土(冷え、寝不足>脾)

よく噛む

水が強すぎると、土の克制を受け付けず、土を押し流す

 
土侮木(食べ過ぎ、偏食>肝)

空腹から始める

土が強すぎると、木の克制を受け付けず、木を腐らす

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly