Return to site

なぜこのサービスなのか?

私の義理の弟は、今から約4年前の2014年の6月に脳幹出血(橋部位)で、危篤状態となり左半身麻痺という後遺症が残りました。

半麻痺の彼は、状態を改善させるために様々なことに挑戦しました。

脳と臓器や筋肉を繋げるのは、脊椎です。脊椎の反射で、動作が連動します。

脊椎の神経伝達や血流を改善するために出会ったのが、セラゼムマスターV3です。

温熱効果で体温が上がり、その結果免疫力が上がるので、風邪を引かなくなりました。

風邪がなくなったということは、代謝が良く毒や老廃物が溜まりにくいということです。

麻痺した状態では日常動作の中で、動かせない関節や筋肉が、どんどん硬くなり、関節の動きが固定され筋肉も硬くなります。感覚を脳と繋げるのは神経であり、その感覚器は関節にあります。

麻痺した関節を動かさなくても、感覚器を刺激し、筋肉を反射的に反応させるために出会ったのが、パワープレートです。高速振動による筋反射で、関節を動かすことなく運動できるので、拘縮(関節が硬くなりその結果関節の動きが制限された状態)がなくなりました

拘縮がなくなったということは、緊張がなく呼吸や動作が落ち着くということです。

感情が乱れると、呼吸も乱れます。しんどくなった気持ちを落ち着かせ、リラックスした状態になるために出会ったのが、シンギングボウルです。複雑な音色がもたらす深いリラックス状態が、集中力を生み出しました。集中力がつくことは、意識や情緒が安定するということです。

からだの状態を検査するには、尿検査やレントゲン、MRI、心電図、採血とそのほとんどが、X線、電磁波、刺し傷といった物理的にストレスのかかる検査です。

からだに負担をかけず、からだの状態を知るために出会ったのがメタトロンです。乱れた周波数を調整することで、代謝のバランスを整え、意識すべき部位や注意すべき食べ物をといった生活習慣の意識改善に役立ちました。生活習慣の意識が変わるということは、考えや生き方が変わるということです。

また、脳のメカニズムやからだの仕組みを学ぶうちに、脳脊髄液という体液があることを知りました。それによって血液の循環やリンパ液の循環が起こることを知り、感情や些細な炎症で、脳脊髄液を保護する硬膜が捩れ、その結果からだが捩れ不調になることを知りました。

さらに老化物質である活性酸素ROSによるサビ=「酸化」と終末糖化産物AGEによるコゲ=「糖化」を知り、酸素や炭水化物が病気をつくっていることを学びました。

私たちは、糖で脆くなり、酸素焼けで死に至るのです。

人生100年といわれる昨今、なるべく苦しまずに健康なまま命を全うしたいと思いませんか?

そのためにも、麻痺した人生から目覚める必要があります。私たちも未だ、人生の途中です。

私自身も、20年ほどアレルギー疾患や鬱で悩まされた時期がありました。

でも目覚めていけば、自然治癒力が高まっていきます。

自然治癒力が高まれば、薬も不要ですし、病気にもかかりにくくなって、早く治ります。

それは、まさに予防となって入院手術といった高額な負担も不要になります。

経済的にも、心理的にも家族への余計な負担がもちろん減ります。

この「音」を使ったセッションで、本当の自分に目覚めてみませんか?

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK