全ての人の姿は、「いつか」の自分。

自分が自分を知るために、全てが投影した姿。

お金の価値も、人の価値も自分が自分を知るために、男に、女に、神様に、人間に、善人に、犯罪者に、貧乏に、お金持ちに、障がい者に、健常者の姿になる。

市場は家庭の投影。

正義で隔てず、愛で受け入れる。

危険を告げる雄たけびも「いつか」の必死な自分。

あざける声や見下しも「いつか」の適当な自分。

違う自分を見て、違う自分に気付く。

お陰さま、お互いさまの精神で周りと調和する。

助け合いの精神で、皆と共鳴し合って、環境を活性化する。

独りではない。それは、ワンネス。集合という意識。

一人ではない。それは、 談合 。集合という生活(活氣ある生き方)。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK