陰陽五行は、単に5つの基本要素という形態だけでなく、変化の中における状態、運動、過程という捉え方が出来ますから、自然現象、生活、占い、医療、家族間など様々な分野を説明することが可能な概念になります。

ここで今一度「木火土金水」の特性をおさらいします。

木は、種子から成長して「自由」に拡張するエネルギー

火は、拡張の勢いを増し、「成り行き」の具現化したエネルギー

土は、形となり、それを「変容したり」「維持する」エネルギー

金は、形になったものを純化させ、「秩序を与える」エネルギー

水は、潤す・流す・冷やすなど「生命の根本」的なエネルギー

私たちの「生活」を「木火土金水」に当てはめてみると、生活で大切なのは「食」です。

生活の根源が食事であるという事です。

五行でいうところの「土」です。なぜならば、陰陽が最も入り混じったニュートラルなエネルギーであり、人間の生活の中心は「維持管理」だからです。

木は「身体」。成長するイメージがピッタリです。

体と相生なのが「動く」ですから、火は「労働」です。

維持するためには食べる事が必要になりますから、土は「食事」です。

秩序をもたらすのは「心」。金は「心」です。

潤す、流す、冷やすなど命を繋ぐのは休養です。ですから、水は「休」です。

相生(そうせい)

順送りに相手を生み出して行く、陽の関係。

木生火(もくしょうか)

身体(木)が丈夫であれば活動(火)が多くなります。

 
火生土(かしょうど)

沢山動くと、お腹が空いてご飯を食べます

土生金(どしょうごん)

ご飯を食べると、満たされた気分になります。

金生水(ごんしょうすい)

心が満たされていると、熟睡できます。

水生木(すいしょうもく)

熟睡することで、身体は修復され健康を保てます。

相剋(そうこく)

暴走した勢いで相手より強くなり打ち滅ぼしていく、陰の関係。

 
木剋土(もっこくど)

身体はストレスで過食になります。

 
土剋水(どこくすい)

過食は睡眠を妨げ乱します。

 
水剋火(すいこくか)

不眠は活動の質を低下させます。

 
火剋金(かこくごん)

働きすぎは、心を疲れさせストレスを生みます。

 
金剋木(ごんこくもく)

ストレスは、身体に影響しホルモンのアンバランスや炎症を起こします。

今回応用として、五行に「商売」を当てはめてみたいと思います。

「商売=お金」であると考えがちですが、例えば、真珠を例に挙げます。見立てた一方がこの真珠は「本物」だと目利きしても、もう一方が「ガラス玉」と目利きした場合、適正な商売は成立しません。まず、互いに都合の良い商品という共通の認識がなければ商売になりませんし、凄いものであっても価値を理解できなければ、適正とは言えないのです。つまり、商品の凄さや良さを提供しても、その凄さや良さが相手に響かなければ、意味がないのです。

ですから、商売はお金ではなく、通じることや信じることの関係性で考える必要があります。

商売において、商品に価値を生み出して相手に買わせること、さらには市場のニーズに応える商品作りをすることマーケティングとも言います。

マーケティングモデルは、大きく「バリューチェーン」と「収益モデル」の2つによって構成されます。

まず、「バリューチェーン」とは、原材料の調達から製品・サービスを顧客に届けるまでの企業活動の流れを、技術的・経済的な観点から区分し、複数の活動に分割したうえで、それらを価値のつながりとしてとらえる考え方です。マイケル・ポーターによって唱えられた概念で、一般には「価値連鎖」という訳語があてられています。

「収益モデル」は①マージン型、②回転型、③顧客ベース型という3つのタイプに分けられます。

まず、①マージン型はロイヤリティ、仲介手数料等の提供サービスに対する対価をマージンとして受け取る収益モデルです。顧客に対価の支払いを納得してもらうためには、提供するサービスの価値を向上させることが必要となります。そのため、マージン型では、ブランド力の向上など価格プレミアムを高める努力が強く求められることになります。

また、②回転型は商品、サービスの回転率を上げることにより、収益をあげるモデルです。一般に低コストの製品が取り扱われる事業において、この収益モデルが広く利用されています。回転率の向上は、資金の回転にとってもメリットが多く、また不良在庫回避の点でも大きな効果があるといわれています。

そして、③顧客ベース型はフリーミアム※(フリー+プレミアム)に代表される課金モデルであり、まず無償でサービスを提供することにより顧客ベースを拡大させたうえで、さらなるサービスを有償で提供することにより、収益をあげるモデルです。

そして商売において、商品の開発から流通までの一連の流れに直接的な関わりを持つ主な活動の5要素として『購買(仕入れ)』、『製造(商品開発)』、『販売(技術提供)』、『マーケティング(ニーズ調査)』、『サービス(フォローアップ)』があります。

購買(仕入れ)=講習、セミナー(情報や技術の入手)

商品の素を外部から調達して貯蓄・配分する活動

製造(商品開発)=メニューの開発

商品の素を使って商品へと加工する活動

販売(技術提供)=メソッド、テクニック

完成した商品を顧客に届ける活動

マーケティング(ニーズ調査)=ターゲット層

広告、宣伝などの顧客が商品を買いたくなる仕掛けをつくる活動

サービス(フォローアップ)=チケット、会員制

商品のクオリティを向上・維持させる活動

では、五行の木火土金水に『購買』、『製造』、『販売』、『マーケティング』、『サービス』のどれが対応するのか考えてみます。

生活の陰陽五行の流れからも、陰陽五行の「土」(維持管理)に相当するものが、商売を支えるものであれば、残りの金(秩序)、水(生命の根源)、木(自由)、火(成り行き)を相応しく商売に当てはめていけば、五行にどのように商売が対応するか分かると思います。

商売に当てはめてみると・・・

【相生】
・「購買(仕入れ)」能力が高ければ、仕入れ値次第で「マーケティング」の選択肢が増やせます

・「マーケティング」情報による商売の方向付けは、技術開発と「製造」計画を促します

・安定した「製造」での製品供給は、安定した「販売」をもたらします

・「販売」が大きくなれば、「アフターサービス」が大きくなります。体制も強化されます

・アフター「サービス」がさらに利益を生み、安定した収益が次の「購買」に繋がります

この5つの中で一番木「自由」の要素を持つのは、販売(技術提供)です。飲食店、製造業、サロンなど提供するサービスに形式はなく、如何様にも表現することができます。このことから、土「維持管理」に相当するのが「購買(仕入れ)」です。サービス業では、「技術を学ぶこと」になるかと思います。

「自由」

販売(技術提供)

=「メソッド、テクニック」⇔

「成り行き」

サービス(フォローアップ)

=「割引・会員制」⇔

「維持管理」

購買(仕入れ)

=「技術を学ぶこと」「情報の質」⇔

「秩序」

マーケティング(ニーズ調査)

=「ターゲット層の確認」⇔

「生命の根本」

製造(商品開発)

=「メニューの開発」⇔

確認のために商売に当てはめてみると・・・

暴走した勢いで相手より強くなり打ち滅ぼしていく、陰の関係。

【相剋】
・「販売」が強すぎると、購買が追い付かず、原価低減や納期に支障が出ます

・「サービス」を強化しすぎると、マーケティングの売れる仕組みの意味が弱まります

・「購買」を強化しすぎると、製造は多岐にわたる原料を扱わされて、右往左往します

・「マーケティング」が強すぎると、販売の現場の仕事や権限を操作されてしまいます

・「製造」を強化しすぎると、客の無理が通らなくなり、サービスが滞ります

相剋をサービス業に当てはめてみると・・・

暴走した勢いで相手より強くなり打ち滅ぼしていく、陰の関係。

【相剋】
・「メソッド」が時代に合っていないと、「技術の学び」がなくテクニックが向上しません

・「割引、会員制」を安価や高価にしすぎると、狙った「ターゲット層」が定着しません

・「技術を学ぶこと」ばかりしていると、メニューを変更できずに客に飽きられます

・「ターゲット層(YESマン)」を絞りすぎると、売れる「テクニック」が上達しません

・「メニュー」がニーズを的確に捉えていないと、サービスがブレます

いくら信頼が大事と言ってはみたものの、商売を始めれば、当初二年分以上の活動費(お金)を用意しとかないと実際事業の運用がしんどいのは事実。

今の金融システムで生活する限り、お金がなくなると倒産するのも事実。

商売をお金だけで考えると、

(利益) =「 (売値) ‐ (仕入値)」× (客)

利益が期末ごとに商売の資金となり、税金支払後の純利益が会社の信用の源泉となります。

製造業をはじめ、毎年設備投資を必要とする企業は、固定的に純利益が無いと資金調達ができなくなり、いつか倒産してしまいます。

五行のビジネスモデルを維持したまま稼ごうと思えば、経費を下げるか、料金を上げるか、沢山売るかのいずれかしかありません。

一円でも多く稼ぎたいと、物を買う時に何を理由とするでしょう?
言い換えれば、売り手と買い手との間、サロンとユーザーとの間にある、売買の元となっているものは何でしょう?

それは、情報格差です。客が驚く、あるいはハッと気付くような

・「クオリティ」質の格差
・「システム」設備の格差
・「テクニック」スキルの格差
・「コネクション」関係性の格差

があると、売買関係が深くなり売る信頼も増え、買う側も増えていくでしょう。

もし高いと感じている価格でも、原価割れしているかもしれませんし、本当はもっと安く提供してもらえたかも知れません。

でも良かろう安かろうでは、商売が上手く回りません。値踏みや値引き交渉を強くし過ぎても売買が成立しませんし、結局客が、お得感=コスパ感を持てなければ、納得がいかないので、ギスギスしてリピートしないだけのことなのです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly